【セクマイ・発達障害】カウンセラーが答える! 自信がない原因と改善方法 自己肯定感を取り戻すには

自分に自信を持てない、自分のことを好きになれないのってツラいよね。
でも本当は、あなたのたましいはあなたのことが好きなはずなの。
あなたのことを嫌いだとか理解できないだとかって言ってるのは、本当は、家族や友達や社会であって、あなたじゃないよね。
あなたのたましいはいつだって、あなたがどんなに素晴らしい人間かちゃんと知ってるの。

♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎

大人の保健室へようこそ、セクマイカウンセラーのダイヤです。
このチャンネルでは、セクシャリティや発達障害などについての質問にお答えしています。
今日のテーマは「自信がない」。

セクマイだったり発達障害だったりすると、「自信がない」とか「自分のこと好きになれない」とかっていう悩みを持つことが多いよね。

でもね、自分のたましいは自分のことが大好きなの。

「自信がない」
「こういう自分が好きじゃない」
「自分なんて大したことない」

っていうのは周りの人が言ってるだけのことで、あなたのたましいの声じゃないよね。
それは、人間界でいろんな苦労をするうちに、そういう思い込みが作られちゃっただけなの。
細胞レベルでは、自分のこと大好きなはずなんだよね。

だって、じゃなかったら、血流も止まるし内臓も動かなくなるはずでしょ。
本当に自分のことを好きじゃなかったら、生きる気力が湧かないから、実際に食べ物を消化しなくなるとかっていうふうに、物理的に生命活動が止まっちゃうよね。
だから、あなたが今生きてるってことは、自分が自分のことを大好きな証拠なんだよね。

やっぱりね、セクマイや発達障害は社会から毎日一方的に否定されてるから、自信がなくなるのも当たり前だよね。

「時間が守れないあなたはダメな人間だ」
「忘れ物が多いのはヤル気がないせいだ」
「男性が女性の服を着たいなんて気持ち悪い」
「同性愛なんて憧れの延長で一時的な気の迷いでしょ」
「恋愛してない人・結婚してない人は人間性に問題がある」

そんなひどいことを言われ続けたら、当然自信を無くしちゃうよね。

で、さらに、

「それが世間の常識だ」
「事実だ」
「全部自分が悪いんだ」

そんなふうに思い込んでて、そういうひどいことを言われたのが原因で自信をなくしてるってことに、気が付いてなかったりするのかもしれないね。

だから、自己肯定感を取り戻すためには、

自信を無くしてしまったのは自分のせいじゃないってこと。
自分のたましいはちゃんと自分を好きだって自覚すること。

そこが自己肯定感を取り戻す最初の大切な第一歩。
スタート地点になるんじゃないのかな。

ハイ、そんな感じでした。

ダイヤ
ダイヤ

「このお話イイな」と思ったらサポートしてね♪