カウンセラーが教える! 5分でできるネガティブ思考を改善する気分転換3つ おうちでもオフィスでもデート中でも♪

ネガティブ思考のループにハマっちゃって抜け出せないことってあるよね。

イライラしてるとか、無気力でやる気が出ないとか。

そんなときに気持ちを切り替える簡単な方法を3つ紹介するね。

♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎

大人の保健室へようこそ、カウンセラーのダイヤです。

今日のテーマは「ネガティブ思考を改善する三つの方法」。

イライラしてるとか、無気力でやる気が出ないとか。

そういうときに、どこででも簡単にパッとできる気分転換の方法を三つ紹介するね。

1 電気をつける

東北地方って、日照時間が短くて冬になるとうつ病患者が急増するのね。

それで、光療法っていうのが開発されてるの。

電気の光を当てることで、気分が落ち込むのを防ぐっていう方法。

もしね、自分が「落ち込んだ気持ちに浸っていたい」とか、

「まだ傷ついた気持ちのままでいたい」とか。

そういう時は、薄暗いほうがいいよね。

でも、「落ち込んだ気持ちを切り替えて前向きになりたい」とか。

「行動したい」とか。

そういう時は、明るいほうがいいんだよね。

だから、家中の電気を全部つけて、最大明るくして過ごす。

そうすると、前向きに行動しやすくなるんだよね。

2 スキップする

人間って、スキップをしながら深刻な考え事はできないものなのね笑。

スキップをすることで、脳が「自分は今ハッピーなんだな」って認識するの。

で、運動量もあるから体温も上がるしね。

ネガティブ思考が止まらなくてグルグルしてるときは、数メートルでいいからスキップしてみると、ちょっと気持ちが切り替わったりすると思うよ。

3 自撮りをする

自撮りをしようとすると、人って無意識にちょっといい顔をしようとするんだよね。

身だしなみを整えたりとか、笑顔を作ったりするとかね。

身だしなみを整えて笑顔を作ることで、脳が「自分は今ハッピーなんだ」って認識するんだよね。

スキップと一緒で、先にハッピーな動作をすることで気分をハッピーにするってことね。

自撮りのもう一つの効果なんだけど。

それはね、自分の顔を観察することにあるの。

「あっこんなに落ち込んでるんだな」とか。

「意外と元気な顔してるな」とか。

「昨日あんまり寝てないからむくんでるな」とかね。

そんなふうに、自分のコンディションを知ることで気持ちを前向きに持つことができるんだよね。

こんな感じで、ネガティブ思考でグルグルになっちゃってる時は、こんな方法をぜひ試してみてね。

はい、そんな感じでした。

♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎

それではまた次の記事でお会いしましょう。
カウンセラーのダイヤでした。ラビュー❤︎

気に入ったらサポートしてね♪