カウンセラーが答える! どこからがモラハラなの? 加害者にはなりたくない… 暴力の生まれやすい関係性を丁寧に扱おう

これってモラハラなのかな? 
もしかして、自分はモラハラされてるかもしれない。
自分がモラハラをしてるかもしれない。
そう思うようだったら、その時点ですでにモラハラである可能性が高いんだよね。

♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎

大人の保健室へようこそ、セクマイカウンセラーのダイヤです。
このチャンネルでは、LGBTや発達障害などについての質問にお答えしています。
今日のテーマは「どこからがモラハラなの?」

どこからがモラハラなのかな? 
これってもしかしてモラハラなのかな?

そう思うようだったら、その時点でモラハラである可能性が高いのね。
モラハラじゃない関係で、その言葉が頭に浮かぶことはあんまりないからね。

これはね、自分が加害者かもしれないケースでも、被害者かもしれないケースでも、どっちにも言えることなんだけど。
モラハラかもしれないって思うなら、それは相手との距離が近すぎるっていうこと。

相手にとって、あなたはすごく重要な存在なんだよね。
相手に対してあなたは強い影響力を持ってて、
相手はあなたのことで頭がいっぱいなの。

だから、あなたが右手をあげても左手を上げても、相手は「痛い」って言うんだよね。

もちろん、反対も全く同じだよね。
あなたにとって、相手はすごく重要な存在で強い影響力を持ってるから、何をされても暴力に感じるんだよね。

そういう、すごく繊細で危険な関係性。
暴力が生まれやすい相性ってあるんだよね。
その関係性は、ちょっと気を抜いて雑にすると、暴力が生まれやすくなってちゃう関係性なの。

他の人とはそこまでじゃないのに、その人とはどうしても緊張感が漂う。
お互いに自然にしてるつもりなんだけど、どうしてもどっちかが加害者・被害者になってしう。
または、両方が加害者になってしまう。

そういう組み合わせ、そういう相性ってあるんだよね。

そういう時は、相手との関係を見直して少し距離を取ってみるといいと思う。
具体的にできることを、いくつか挙げてみるね。

連絡の頻度を減らす
第三者に間に入ってもらう
説明不足な部分がないか確認する
自分の気持ちを無視して無理に関係を続けようとしてないか確認する
「この人しかいない」と思い込みすぎてないか確認する

こんなふうにして、距離を作り直してみることをおススメするね。
お互いの関係性を、注意して丁寧に扱うことができるといいんじゃないのかな。

ハイ、そんな感じでした。

♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎

それではまた次の記事でお会いしましょう。
セクマイカウンセラーのダイヤでした。ラビュー❤︎

「このお話イイな」と思ったらサポートしてね♪