3分でわかる! 正しく学ぶLGBT+ 「多様性」の本当の意味を当事者カウンセラーが解説

多様性っていうのは、いろんな生き方があるよってこと。

常識に当てはまらなくても幸せに生きていける、それが多様性っていうことだよね。

同性愛もステキだし、結婚しないで一生独身なのもいいし、アイドルにハマっててもいい、金髪・ピアス・タトゥーもいい、性欲がなくてもいい、働いてなくてもいい。

どんな生き方もみんなそれぞれに素晴らしいよねっていう、そういう考え方のことだよね。

「こうじゃないと幸せになれない」って思ってると自分がしんどいじゃない?

もっともっと自由な生き方を選んでいいんだよね。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

にじいろ保健室へようこそ、セクマイ発達カウンセラーのダイヤです。

セクシャリティについての質問に、当事者目線でお答えします。

今日のテーマは「3分でわかる本当の多様性」。

ちょっと前までは、幸せの形っていうのがワンパターンしかなかったんだよね。

「異性と恋愛して
就職して結婚して
子育して
家を買って
定年退職して年金をもらう」

こうすれば誰でも必ず絶対幸せになれますよ、こうしないと幸せになれませんよって言われてたんだよね。

でも今は、そうじゃない生き方でも幸せになれるってことがみんな分かってきたんだよね。

いわゆる常識とか枠からはみ出てる人っているじゃない?

同性愛
複数愛
結婚してない
働いてない
アイドルにハマってる
金髪・ピアス・タトゥー
性欲がない
恋愛に興味がない

こういうふうに、常識に当てはまらない、でもすごく幸せに生きてる。

そういう人って、いっぱいいるんだよね。

「常識に当てはまらない人を許せない」っていう気持ちがあると、それっていつか自分にも返ってきちゃうんだよね。

偏見や差別の意識って、結局は自分を苦しめるものなの。

「べき」「はず」とか、そういう思い込みで自分が苦しくなっちゃうよね。

だから

「同性であっても愛するって素晴らしいんだ」
「男の子がプリキュア好きでもいいし、女の子が電車好きでもいいんだ」
「旦那さんが専業主婦で、奥さんが会社経営しててもいいんだ」
「働いてなくてもいいんだ」
「恋愛や結婚や育児をしなくても幸せに生きていけるんだ」

ってことを知れば、豊かな気持ちで生きていくことができるよね。

どんな生き方でも幸せになれるんだってことを学ぶのが、多様性の本質なの。

多様性を学ぶことが大切なのは、そういうことなんだよね。

ハイ、そんな感じでした。

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

ライブやイベントのお知らせは公式ラインをどうぞ↓